本文へ移動
浄土真宗本願寺派 巍々山光源寺
「産女の幽霊」の民話が伝わるお寺。
寛永八年(1631)筑後柳川光源寺の僧・松吟(しょうぎん)が来崎し、寛永十四年(1637)に開山した浄土真宗本願寺派のお寺です。年に一度御開帳される「産女の幽霊」、読経や法話、紙芝居などで仏の心を学ぶ「ひかり子ども会」、どなたでもお参りできる「日曜礼拝」など様々な行事を行っております。お気軽に足をお運びください。
行事予定
教化活動
ひかり子ども会
産女の幽霊

活動報告

TOPへ戻る