本文へ移動

法話

法話(オンライン法話のテキスト版です)

令和3年 8月 法話
法話1
お盆と言えば、ご先祖が帰ってくると言われますが、仏教の考え方ではありません。
 亡き方々は「ほってはおかない」と立ち上がって「南無阿弥陀仏」とはたらきかけ下さる阿弥陀様にいだかれ、お浄土へ仏様として生まれられ、阿弥陀様と同じように立ち上がって「南無阿弥陀仏」とはたらきかけ、いつでも・どこでも私たちのところに来て下さっておられます。
 お盆なので帰ってくる・お盆過ぎたので戻られるのでなく、常に来て下さっている事に改めて気付かせていただくご縁にしていただきたいものです。



 お盆の行事は、『盂蘭盆経』というお経に基づいています。
 このお経の話には、お釈迦様のお弟子・目連尊者が登場します。

●目連さまは、育ててくれた母のご恩に報いようと亡くなった母が次にどの世界に生まれられたかを神通力によって捜されると、その母は餓鬼道の世界に堕ちておられました。ガリガリに痩せ骨と皮になっている母を見るに忍びず、目連さまは何度も鉢に載せたご飯を差し上げられますが、母が食べようとすると、あっという間に火がつき燃え尽き灰になってしまいます。
 痛ましい母の姿を見た目連さまは、号泣しながらお釈迦さまのもとに行かれ、どうすれば母を救うことができるかを尋ねられます。
お釈迦さまは「目連よ。そなたの母の罪は重かったようだ。そなた一人の力では母を救うことはできない」と仰せになり、「雨期の三ヵ月間、一定の場所にこもり修行する・安居が終わる7月15日に、多くの僧侶たちに供物を施すならば、仏・法・僧の三宝の功徳によって、そなたの母は救われるであろう」と述べられるのです。



この話に基づいて、お盆の行事が行われることになったのです。
ですから、今でも7月15日にお盆の行事が行われる地方もあります。この7月15日は旧暦で、新暦になおすと秋になりますが、秋は農作業が忙しいので、前倒しをして8月15日頃に
行うようになったといわれています。
 また、『盂蘭盆経』の「盂蘭盆」の意味について、従来は「逆さづりの苦しみ」を意味するといわれいましたが、最近ではその説に否定的な見解が出され、「ご飯をいれた鉢」とか「竹や木で作られた食物を供える棚」の意味ではないかといわれます。そうならば、現在のお盆の風習に繋がるといえるでしょう。
 ただし、現在行われているお盆の行事と『盂蘭盆経』のお話には、大きな違いがあります。
日本では「施餓鬼」といい、餓鬼道に堕ちているものに施しをすることから、墓前や仏前に野菜などお供えたりする風習もあります。
 でも『盂蘭盆経』のお話にあるよう、餓鬼道に堕ちているものに食べ物を施しても、火がつき灰になってしまい救われることはありません。目連さまの母は、仏・法・僧の三宝の功徳の力によって、救われたのです。

 私たちが仏さま・仏さまの覚りに思いを致し、仏さまの教えである仏法を聞き、仏さまの教えを実践している人々を敬うことが大切であるとお経に説かれているのです。



 お盆に際して、亡き方々を偲び、家族そろって墓前にお参りされることは、ありがたい光景です。ただ、それだけにとどまらず、お寺にお参りして「ほってはおかない」と立ち上がって「南無阿弥陀仏」とはたらきかけ下さる阿弥陀様のみ教えに触れ、亡き方々はお浄土へ仏様として生まれられ、阿弥陀様と同じように立ち上がって「南無阿弥陀仏」とはたらきかけ、いつでも・どこでも私たちのところに来て下さっておられる事に気付かせていただき、私たちもお浄土へ仏様として生まれ往く身であることを喜ばせていただき、それぞれが仏前で自分の有り様を振り返るご縁にしていただきたいものです。



法話2
8月13日から15日に行われる「盂蘭盆会」。一般的には「お盆」と言っておりますが、『仏説盂蘭盆経』というお経に由来する法要です。
このお経にどのような事が説かれているのか簡単にご説明しますと、お釈迦様の十代弟子の一人に目連尊者という方がありました。目連様は優れた「神通力」の使い手でした。「神通力」というのは目に見えないところを見通せる力のことです。亡くなったお母さんがどの世界にいるのか、その神通力を使い探したところ、仏教でいう迷いの世界の一つである「餓鬼道」に堕ちて苦しんでいることが分かりました。
「餓鬼道」という世界は、いつもお腹が減っているので、食べ物を食べたくて仕方がないのですが、食べ物を見つけ口にほおばろうとしたら、その食べ物は、その目前で全て炎となって消えてしまうなど、いつもお腹が減って苦しみ続ける世界です。
なぜ、目連様のお母さんが餓鬼道に堕ちたかというと、生前、我が子可愛さゆえに、目連様だけに食べ物を食べさせたいがために他の人や物をないがしろにした、そのことによって餓鬼道に堕ちたと言われています。
目連様は餓鬼道に堕ちたお母さんを救おうとして、お釈迦様に教えを乞うことにしました。お釈迦様は8月15日に修行を終えた多くの僧侶に布施や供養をすることにより、餓鬼道で苦しむお母さんを救うことができると教えられ、お釈迦様の仰せに順ったところ、たちどころにお母さんを救うことができた、これが『仏説盂蘭盆経』に説かれている内容であります。
この『仏説盂蘭盆経』と、元々仏教が伝わる以前から日本にご先祖様を供養する行事とが一つになって、今日のお盆に続いているのですが、私たちの浄土真宗においてお盆をお迎えするにあたり、受け止めていただきたいことがあります。
8月に入りますと、お盆を迎える準備を始めるご家庭も多いと思いますが、精霊棚や提灯の設置、先祖様にお供えする三度三度の食事の準備、お供物を買いに行ったり、そして、きゅうりの馬やナスの牛を作ったり、その準備は地域や宗派によって様々です。浄土真宗ではお盆を迎えるにあたり、特別に何かを準備する必要がありませんので、他宗派のご家庭の方から、「浄土真宗のお盆は、特に何もしなくていいから、楽でいいね!」なんて、そのような言葉を聞いた事はないでしょうか。
決して「何もしなくていい。」という事ではありません。確かに、浄土真宗のみ教えは、自らのはからいによってお浄土に往生するのではなく、すべて阿弥陀様のおはたらきによって往生が定まるのですから、そのような意味では「何もしなくていい。」のかも知れません。
先にご説明した『仏説盂蘭盆経』の『盂蘭盆』とは梵語のウランバーナ(Ullambana)を音訳したもので、「倒(さかさ)に、懸(かける)」と書く「倒懸(とうけん)」という意味です。亡きお母さんが餓鬼道に堕ちて、逆さまに吊るされ、苦しんでいる姿を譬えたものです。
果たして、餓鬼道に堕ちて苦しんでいるのは、目連様のお母さんだけでしょうか?
我が子の可愛さのあまり周囲を見失ってしまう事なんて、何も、目連様のお母さんだけの話ではないと思います。私達の毎日を振り返りますと、良かれと思ってやっている行動が、知らないところで相手を嫌な気持ちにさせてしまい、自己中心的な毎日を送っている、亡きお母さんは私達の真実の姿を映し出していて、私達も餓鬼道に堕ちていてもおかしくないような存在ではないでしょうか?
どうか、このお盆のご縁では、目連様のお母さんの姿をとおして、毎日の自らの生き方をかえりみて、私達の真実の姿に気づき、先にお浄土に往生されたご先祖様のご縁によって、「南無阿弥陀仏」のお念仏に出遇わせていただくことを喜び、感謝させて頂く。これが、浄土真宗におけるお盆の過ごし方でないでしょうか。
南無阿弥陀仏



浄土真宗本願寺派
巍々山 光源寺

〒850-0802
長崎県長崎市伊良林1丁目4-4
TEL.095-823-5863
FAX.095-823-7231
 
TOPへ戻る